カプセルと瓶

男性と女性が愛し合ってセックスをすると、妊娠をしてしまう可能性があります。
結婚をしていたり、将来について考えている二人であれば、喜ばしいことなのですが、誰もがそのような状態にあるとは限りません。
軽い付き合い程度だったり、会ったばかりで全く共に生きることなど考えていない人など、本当に人によって事情はさまざまです。
ですから、妊娠したら困るというカップルでは避妊をする必要があります。

日本の社会においては、やはり最もポピュラーなのがコンドームです。
男性がつける避妊具なので、感度の問題などもあって、それを好まない人がいたりするのも確かです。
避妊に協力的でない相手では、ほかの方法を考えるほうがいいと判断する女性もいるのです。
そういった時にいいのが、経口避妊薬の服用です。
低用量ピルともいうのですが、毎日きちんと飲む続けることによって、ホルモンバランスを整えて、排卵を抑制してくれる作用があるのです。
女性の生理周期を28日として、21日服用するタイプと28日服用するタイプがあります。
共に同じ作用があって、21日間はホルモン剤の入った錠剤を飲み続けて休むか、7日間ホルモン剤の入っていないダミーの錠剤を飲むかの違いになります。
ですから、自分の飲みやすい方を選ぶようにしていきます。

そこで、問題になるのが、きちんと毎日飲むことができるのかということです。
一定期間、飲み忘れてしまうと効果がなくなるので、ほかの避妊法に切り替える必要があります。
毎日同じ時間に飲むことが基本ですが、飲み忘れても48時間以上空かなければ効果は持続します。
しかし、それ以上空いてしまうと妊娠する可能性が出てくるのです。

ですから、正しい飲み方をしなければ失敗してしまうこともあるわけです。

記事一覧
経口避妊薬の構造と高脂血症の場合の注意 2020年04月18日

経口避妊薬は、女性ホルモンである「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が含まれています。さまざまな種類の経口避妊薬が販売されていますが、全て構造は同じです。ただし、卵胞ホルモンは同じものですが、黄体ホルモンは化学構造が少し異なる4種類が使用されており、その種類によって「第1世代」、「第2世代」、「第3世...

避妊、成熟、出血量について 2020年03月14日

人間の成長には、大きく3つに分けた呼び方をします。一つ目は、思春期です。これは8~9歳頃から始まり、17~18歳頃までの事をさします。小児期から性的に成熟した成熟期への移行段階です。女性の場合は、女性ホルモンの分泌が始まり、皮下脂肪により体つきが女性らしくなってきます。そして、乳房が膨らみ始めます。...

デコケース入りスマホで内服管理と避妊失敗で中絶手術 2020年02月17日

最近では性行為の開始が若年傾向を迎え、比較的若い世代でも避妊のためにピルを内服する人が増えています。それは本来病院で自費診療で診察をしてもらい、ピルの正しい内服方法を指導されながら処方を受けて内服を始めるのですが、最近ではインターネットで購入したりすることもできることから、手に入れやすいという状況が...

出血量と生理痛は比例する?避妊でなくてもピルが必要 2019年12月11日

生理痛がひどい方の話を聞くと、生理痛がひどい方は生理時の出血量も多い傾向があります。中には「多い時には夜用ナプキンが昼間でも2時間保たない」という方もいました。出血量が多くなると、狭い血管内に血液が一気に集中し、痛みが発生するため、生理痛がひどくなるのは当然のことと言えます。そういった方の中には子宮...

渋谷のクリニックでも処方の避妊薬は28日間服用 2020年01月21日

渋谷や渋谷周辺には数多くのクリニックが、軒を連ねています。内科や外科、美容外科などのクリニックの他に、婦人科も渋谷エリアにはいくつかあり、避妊薬であるピルの処方もしてもらえます。日本では避妊といえば、コンドームというイメージが定着していますが、海外で避妊といえばピルが基本です。コンドームでは確実に避...

時間が経過しても安心な高品質避妊具について 2019年12月27日

未婚のカップルの性交渉においては、おそらく、ほとんどのカップルが避妊を考えているでしょう。しかし、妊娠を避けるに当たって、やはり、膣外射精では妊娠のリスクは避けられないと言えます。そのため、より確実に避妊をするには高品質な避妊具を使う方が安心できます。それというのも、高品質なものであれば、性交渉時の...

マーベロン21と乳癌などの腫瘍がある人は厳禁 2019年11月16日

女性が、男性に頼らずとも、高い確率で妊娠を回避させることのできる経口避妊薬のピル、低用量ピルが解禁となったことにより、日本においても、徐々に女性たちの間で広がりつつあります。低用量ピルは含まれるホルモン量が少ないため、副作用のリスクがかなり低く抑えられており、身体に負担を感じることなく服用でき、避妊...

避妊薬の通販サイトの安全性と信用性 2019年10月27日

まだ妊娠を望んでいないという場合はしっかりと避妊の対策を行っておくことが大切です。避妊の方法としては基礎体温をチェックするなども有効ですが、それだけでは十分ではありません。性行為の際はコンドームなどの避妊具も活用するとより確実性が高まります。そして男性があまり避妊に協力してくれないという場合もありま...

避妊薬の服用タイミングと効果 2019年10月13日

女性が自分自身の判断で、確実に避妊ができるピル、最近では我が国においても低用量ピルが処方できるようになっており、より安全にピルが服用できるようになっています。日本ではまだまだ、男性のコンドームに頼っているカップルも多いですが、コンドームよりもピルの方がより高い避妊効果があり、飲み忘れなく正しく服用し...